債務整理の過払いでブラックリストになる

過払い金の返還請求をするとブラックリストに載ることもありますし、載らないこともあります。



色々な噂が流れているようですので、ここで少し整理しておきたいと思います。

たとえば、ある人がキャッシングを利用していて、その人が利息を支払いしているかも知れないと思い、計算してみるとやはり過払い金が発生していて請求した場合、過払い金を変換してもらうことができて借金がなくなることもあります。



このような場合、ブラックリストに載ると考えておいた方が良いです。



借金が残っているときの返還請求は債務整理と同じものとして扱われるのが一般的です。

借金の減額などを行っていなくても債務整理の扱いになりますから、ブラックリストに載ると考えておいた方が良いでしょう。ブラックリストに載らない条件もあります。



まず、完済した後に返還請求を行った場合です。



完済したあとに返還請求をしても、債務を整理することにはなりませんから、この場合にはブラックリストには載りません。



もう一つは、過払い金の返還によって債務がなくなる場合です。
つまり、取り戻したお金で借金を返済できるケースです。


この場合、手続きを行っている間はブラックリストに登録されることになりますが、完済した時点でその情報は抹消されます。

債務整理の手続きを行っているときに新たに借りようと思う人はおそらくいないと思いますから、これはそれほど大きなデメリットにはならないと考えられます。

関連リンク

  • 債務整理の中で最も基本的なものが自己破産です。最終的には自己破産をすれば良いと言われることがありますが、そのためには条件がいくつかあります。...

  • ここでは債務整理の事例を一つ紹介したいと思います。バブル景気の時期には給料が上がっていき、そして経済はずっと好調だと信じられていました。...