債務整理の自己破産の条件

債務整理の中で最も基本的なものが自己破産です。
最終的には自己破産をすれば良いと言われることがありますが、そのためには条件がいくつかあります。



まず、支払い不能と認められなければなりません。

支払い不能であるかどうかと言うのは資産状況や収入によって判断が変わります。



月給が20万円くらいのサラリーマンであれば、200万円くらいの借入金額なら返済をしていくことができなくはありません。



だいたい400万円くらいまでなら返済していくことができると判断されることが多いですから、この場合には支払い不能ではないと判断されて、自己破産できなくなることもあります。

もしも自己破産ができない場合には、他の債務整理の方法を考えなければなりません。また、借金の目的によっても自己破産ができなくなることもありますから注意が必要です。

たとえば、ギャンブルに用いた場合などには免責不許可事由に該当して自己破産ができなくなることもあります。


また、クレジットカードの現金かなども免責不許可事由に該当することもありますから注意が必要です。



どんな場合でも自己破産ができるわけではありませんから注意が必要です。
自己破産をすると、7年間は自己破産ができなくなります。



自己破産ができなければ他の債務整理の方法を考えなければなりませんが、他の方法をとることができない場合もあります。



減らない借金を永遠に返済し続けていかなければならないこともありますから、自己破産後は特に注意が必要です。

関連リンク

  • 債務整理の中で最も基本的なものが自己破産です。最終的には自己破産をすれば良いと言われることがありますが、そのためには条件がいくつかあります。...

  • 債務整理の手続を、なんとか自分一人でできないかと考えてる方もおられるかもしれません。債務整理といってもいろいろな種類があり、自己破産もあれば、任意整理もあり、過払い金請求とか、個人再生、特定調停などもあります。...