個人再生で債務整理するデメリット

債務整理の方法として個人再生を選ぶと、債務整理後の生活を立て直しやすいというメリットがあります。
しかし、個人再生にはデメリットがあります。
まず、手続きには半年くらいかかり、その後は原則として3年間をかけて返済していかなければなりません。
自己破産なら、半年くらいですべての手続きが完了するのですから、これと比較すると返済していかなければならない分だけ長くなるというデメリットがあるのです。



また、個人再生では免責になるのではなくて、減額されるだけだという点に注意が必要です。



最低でも100万円は3年かけて返済していかなければならないのです。



もしも3年の間に収入が減少したとしても、それとは関係なく返済を続けていかなければなりません。



自己破産は完全に借金がなくなりますから気が楽ですが、個人再生の場合には手続きが完了してから3年間は気を抜けない状態になります。



それにもかかわらず債務整理の方法として個人再生を選ぶ人が多いのは、住宅ローンを別扱いできるからです。住宅ローンを整理の対象としなくて良いというメリットは大きいです。



住宅ローンを組むときには、たいていはマイホームを担保に入れていますから、住宅ローンを整理の対象とすればマイホームを失うのが普通です。


自己破産では特定の負債を除外することはできませんからマイホームを失うことになるのですが、個人再生では失わなくて良い場合もあるというメリットがあります。

関連リンク

  • 債務整理の手続を、なんとか自分一人でできないかと考えてる方もおられるかもしれません。債務整理といってもいろいろな種類があり、自己破産もあれば、任意整理もあり、過払い金請求とか、個人再生、特定調停などもあります。...

  • 債務整理の中で最も基本的なものが自己破産です。最終的には自己破産をすれば良いと言われることがありますが、そのためには条件がいくつかあります。...