過払い金対策のココがすごい

main-img

私は会社に勤務して10年目の会社員です。会社には大学を卒業して新卒として入社をしました。

入社当時はとても給料が少なくて、生活費や賃貸の料金にはとても困っていました。

同期の友達とお酒をよく飲みに行きましたし、土日には旅行などにも行っていました。この頃から、消費者金融やクレジットカードを使って、お金の借り入れをしていました。

最初は良かったのですが、いつの日か貸してくれる、消費者金融やクレジット会社は無くなり、返済に困るようになりました。

私は考えて弁護士の方に相談することにしました。


ネットのサイトで、検索して弁護士の方を探しました。

金融問題専門と言うキャッチフレーズを出している、弁護士事務所がありましたので、予約をして弁護士事務所に行きました。

弁護士の方には、すべてをお話しました。借りている金融会社の名前や、借用書や返済明細などを提出して話を聞いてもらいました。


消費者金融が5社でクレジット会社が3社の借金がありました。
最近は返済が出来なくて、金融の会社からは、返済を求める電話が毎日多くありました。
弁護士の方に話を聞くと、弁護士の方は私には多くの過払いが有り、債務整理をした上で過払い金を請求するという事でした。


私は弁護士の方に債務整理と過払い金の請求をお願いしました。それから数日後には、金融会社からの返済を求める電話は無くなりました。

四ヶ月くらい経ち弁護士の方から連絡が有り、弁護士事務所に行き話を聞きました。私の債務整理は終わっており、多くの過払いが見つかり、過払い金を請求したということでした。

私の借金は債務整理により、借金は全て帳消しになりました。


そのあとしばらくして、過払い金を受け取り、弁護士料を支払いました。


今は普通の借金に追われない生活をしています。


返済の事しか考えられなかった日々が嘘のようです。

これからは借金をしないように暮らして行きたいと考えています。過払い請求は弁護士や司法書士に依頼します。請求金額によって弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかを決めます。取引履歴から、過払いがあるかどうかの確認や請求金額がどれくらいあるかを計算できます。
取引履歴は消費者金融から取り寄せることができます。

弁護士は請求金額が140万円以上の場合に依頼します。
司法書士は請求金額が140万円以下のときに依頼することになります。
一般的に司法書士のほうが利用料金が安いといわれていますが、それは司法書士によって違います。
弁護士や司法書士に依頼するときは、費用が安いほうがいいです。


着手金や相談料が無料なほうが良いです。
弁護士や司法書士に払う報酬は、回収した金額から計算して払います。


回収できなかった場合は、報酬を払うことはないです。

どうしても費用を払いたくないという方は、個人の請求をおすすめします。

時間と労力が必要ですが、取り返した分だけお金が返ってきます。

個人の請求は、交渉を自分でやらなければなりません。
安心できないところもあります。
なので、基本的には弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。弁護士や司法書士は裁判所を通すことなく、消費者金融に請求できるので解決が早いです。個人請求は、裁判所を使うので解決が遅いです。

忙しく時間のない方は、弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。


弁護士や司法書士は、インターネットで探すことができます。
弁護士や司法書士のホームページを見れば、過払いについて詳しいことが載っています。弁護士や司法書士は信頼できて、真剣に取り組んでくれるほうが良いです。

弁護士や司法書士によって、取り返せる金額が変わってきます。
過払い請求は非常に多くなっていますが、トラブルも多くなっています。

とくに法律家と依頼人との間のトラブルが増えています。


過払い請求は、弁護士や司法書士選び方が重要になります。


過払いについてお困りなら、慎重に相談しましょう。

埼玉の保険情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

埼玉の保険の情報も多数ご用意しました。







http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10159238250

https://4meee.com/articles/view/242789

http://okwave.jp/qa/q7632493.html

関連リンク

subpage01

セゾンの過払いにもの申す

過払い金とは、高い利息で長い間取引を続けていた場合、正規の利率に引き直しをすると元本を既に完済していて、さらに必要のないお金まで払いすぎていた時の払いすぎたお金のことです。過払い金は払った本人が請求しない限りは金融業者が返還する義務がないため、思い当たる節がある人は、自分で動かなければなりません。...

more
subpage02

過払いのメリットとデメリット

過払い金の払い戻しを請求することで得られるメリットはたくさんあります。例えば借金が減る、払いすぎたお金が戻ってくる、ブラックリストに登録されないということです。...

more